疲れを解消して毎日元気に〜疲れに憑かれない身体を作ろう!〜

改善しよう

軽度の腎障害では数値に異常が現れないこともあるのです

主に腎機能の状態を把握するために用いられるのが、クレアチニンです。このクレアチニンが高くなると腎機能に何らかのトラブルが起こっていると考えられます。クレアチニンの異常は、腎機能が半分程度に低下してから始めて現れてくることが多く、軽度の腎障害の場合には特に異常が見られない場合もあるのです。従って、血液検査の結果を鵜呑みにして安心してしまうのは時に危険とも言えます。むくみや倦怠感など、腎臓のトラブルで起こる症状が見られたら、念のためより詳しい検査を受けておくことも時に大切です。胃薬や鎮痛剤の中には、腎臓に負担をかけるものも少なくありません。ですので、このような薬を使用して体調不良が起こった場合には医師や薬剤師に相談することが必要になるのです。

市販薬を使用する際には副作用に気を配りましょう

胃腸薬や鎮痛剤は普段何気なく口にしていることが多く、副作用などには特に気を配っていないことがほとんどと言えます。ですが、このような薬の中には、腎臓にかなりの負担をかけ、クレアチニンの値を上昇させてしまうものもあるのです。そのため、使用するに当たっては一定の注意も必要になります。特に持病のある方や他の薬を飲んでいる方の場合には、医師や薬剤師に確認するなどの一工夫が必要になります。最近普及しているお薬手帳を携帯するようにすれば、医療機関においても適切な対処がされるでしょう。自己判断で市販の胃腸薬や鎮痛薬を長期間服用することも避けることが肝心です。医療機関を通してこういった薬を処方してもらうようにすれば、副作用にも一定の配慮が出来ます。